ダイアリー・オブ・ザ・デッド 映画情報


ポイント・オブ・ビューという撮影手法
□◆□◆□◆□◆□◆□
見どころ
ポイント・オブ・ビューという撮影手法
□◆□◆□◆□◆□◆□



『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』は、ポイント・オブ・ビュー(主観撮影)という撮影手法を使ってできたホラー作品。手持ちのビデオカメラで撮影されているので、観客はまさにその場にいるかのような感覚に襲われ、本物の恐怖を体験できる。通常のホラー映画よりも遥かに恐怖を感じる映画となっている。映画はほとんど手持ちカメラの映像。



スポンサードサーチ

□◆□◆□◆□◆□◆□
サブメニュー
見どころ
□◆□◆□◆□◆□◆□

ドキュメンタリータッチのゾンビ映画
ポイント・オブ・ビューという撮影手法
世界の大物たちが友情出演
インディペデント映画
カナダのトロント国際映画祭で上映


□◆□◆□◆□◆□◆□
メインメニュー
□◆□◆□◆□◆□◆□

トップページへ
映画 『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』 について
ドキュメンタリータッチのゾンビ映画
はじまり
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
リンク集1


友達に教える

© ダイアリー・オブ・ザ・デッド 映画情報
\n" ; ?>